遊戯王 天声の服従の裁定(ルール)が確定! ライオウやクリスティアなどが場にいる場合の処理について

天声の服従

通常魔法
(1):2000LPを払い、モンスターカード名を1つ宣言して発動できる。
相手は自身のデッキを確認し、宣言されたモンスターがあった場合、
その内の1体をお互いに確認し以下の効果から1つを選択して適用する。
●確認したカードを、このカードを発動したプレイヤーの手札に加える。
●確認したカードを、このカードを発動したプレイヤーのフィールドに召喚条件を無視して攻撃表示で特殊召喚する。

デュエリストパック-王の記憶編-DP17-JP008 Ultra

天声の服従の裁定について調べてみました。

Q.サーチを封じる「ライオウ」や、特殊召喚を封じる「大天使クリスティア」などが存在する場合でも発動は可能ですか?

A.その場合でも発動は可能で、封じられた効果以外の処理を強制的に行う事になります。ただし、両方を封じられた場合には発動することができません。

ライオウ
ライオウ
効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1900/守 800
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。
また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地に送る事で、
相手モンスター1体の特殊召喚を無効にし破壊する。

大天使クリスティア シク
大天使クリスティア
効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2300
(1):自分の墓地の天使族モンスターが4体のみの場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動する。
その天使族モンスターを手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにモンスターを特殊召喚できない。
(4):フィールドの表側表示のこのカードが墓地へ送られる場合、
墓地へは行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。

この裁定を利用して、あらかじめ強欲で謙虚な壺などの特殊召喚ができなくなるカードを先に発動しておけばサーチ効果を強制的に選ばせることが可能となります。

その場合は「エフェクト・ヴェーラー」や「増殖するG」などの手札誘発カードを選択すると良さそうです。

また「ライオウ」をフィールドに出しておけば特殊召喚効果を選ばせることが可能となります。

このように使えば面白いかもしれませんね。

天声の服従の効果と裁定についてまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。