遊戯王 『青眼の亜白龍』の価格が高騰! KCウルトラはついに5000円以上に!

遊戯王の劇場版前売り券特典として配布された『青眼の亜白龍』です。

このカードの価格が高騰しています。

特にウルトラレアの高騰っぷりがすごいです。

早速、見ていきましょう。

青眼の亜白龍の相場情報

青眼の亜白龍(ブルーアイズ・オルタナティブ・ホワイト・ドラゴン)

特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。
この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS 前売り券特典カード MVPC-JP000 KC-Rare
劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS 劇場配布カード MVPC-JPS00 KC-Ultra


↑ウルトラのショップ価格

この短期間で1500円くらい値上がりしています。

ウルトラレアは5000円くらいですね。

ちなみにKCレアは3000円くらいです。


↑ヤフオク価格

3枚セットだと1枚6000円以上が多いですね。

3枚まとめて揃うというのが大きいようです。

ここまで高騰してしまうとデッキを組むのが非常に大変ですね・・・。

買取価格も調べてみました。

買取価格情報

強化買取募集が急増しています。

特にKCレア3000円、KCウルトラ5000円買取がすごいですね。

相場とほぼ同じくらいの買取になっています。

高騰の理由など

新マスタールール『リンク召喚』による影響をほとんど受けない青眼デッキが注目されたため、絶版かつ必須の『青眼の亜白龍』の需要が大幅に上がりました。

これを受けて一気に高騰という形になりましたね。

もう生産されていませんし、映画限定カードなのでコレクション目的で保管している人も多いでしょう。

そういった観点から実際にプレイ用として出回っている数は少ないでしょうから、このように高騰してしまうのも仕方ないですね。

何らかの形で再録してくれると助かりますが、しばらくはなさそうですね・・・。

以上、『青眼の亜白龍』の高騰情報でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。