遊戯王 2016年10月新制限対応シンクロダークデッキ!? Ωとスティーラー規制でも動く?

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%a9%e3%82%aa%e3%81%ae%e5%8c%96%e8%ba%ab-%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3

2016年10月新制限対応のシンクロダークデッキのご紹介です。

10月のリミットレギュレーションにて「レベル・スティーラー」が禁止、「PSYフレームロード・Ω」が制限になりましたが、新たな形でシンクロダークデッキが作られたようです。

デッキの核となるとは「ファラオの化身」と「TG ハイパー・ライブラリアン」でしょうか。

動画にて新しい形のシンクロダークを説明している方がいるので、まずはそちらをご覧ください。

↑の動画は見事に先行で5ハンデスを成功させてしまっています。

制限改訂によって禁止となった「レベル・スティーラー」の代用として「ファラオの化身」が使われています。

ファラオの化身
ファラオの化身
効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻 400/守 600
このカードがシンクロモンスターのシンクロ召喚に使用され墓地へ送られた場合、
自分の墓地に存在するレベル4以下のアンデット族モンスター1体を選択して
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

「ファラオの化身」はシンクロ召喚が行われた場合に自信を含むアンデッド族LV4以下のモンスターを特殊召喚できるカードなので、シンクロ素材確保に役立っています。

またデッキを回すための希少なドローソースとして今回も「TG ハイパー・ライブラリアン」が使われています。

tg-%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3-%e3%82%b7%e3%82%af
TG ハイパー・ライブラリアン
シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星5/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがフィールドに存在し、自分または相手が、
このカード以外のSモンスターのS召喚に成功した場合に発動する。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、
自分はデッキから1枚ドローする。

今回もこのカードが重要な役割を担っています。

結局、「TG ハイパー・ライブラリアン」を禁止にしない限り、この手のデッキは終わらないようですね。

源竜星-ボウテンコウ
源竜星-ボウテンコウ
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/光属性/幻竜族/攻 0/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「源竜星-ボウテンコウ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。
(2):1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。

シンクロ・チューナーモンスターです。

主な役割はシンクロのレベル調整(シンクロ補助)ですね。

PSYフレームロード・Ω
PSYフレームロード・Ω
シンクロ・効果モンスター(2016/10/01から制限カード)
星8/光属性/サイキック族/攻2800/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選び、
そのカードと表側表示のこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで表側表示で除外する。
(2):相手スタンバイフェイズに、
除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
このカード以外の自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードと墓地のこのカードをデッキに戻す。

ハンデスコンボのキーカードですね。

xx-%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc-%e3%82%ac%e3%83%88%e3%83%a0%e3%82%ba
XX-セイバー ガトムズ
シンクロ・効果モンスター
星9/地属性/獣戦士族/攻3100/守2600
チューナー+地属性モンスター1体以上
(1):自分フィールドの「X-セイバー」モンスター1体をリリースして発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる。

このカードもハンデス効果を持っています。

自信をリリースして相手の手札をランダムに1枚選んで捨てさせます。

%e5%b9%bb%e5%ad%90%e5%8a%9b%e7%a9%ba%e6%af%8d%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%ab
幻子力空母エンタープラズニル
エクシーズ・効果モンスター
ランク9/風属性/機械族/攻2900/守2500
レベル9モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールド上のカード1枚を選んでゲームから除外する。
●相手の手札をランダムに1枚選んでゲームから除外する。
●相手の墓地のカード1枚を選んでゲームから除外する。
●相手のデッキの一番上のカードをゲームから除外する。

このカードで相手の手札を1枚除外することができます。

これらのカードを組み合わせて先行で計5枚ハンデスを行ってしまうようです。

成功率も結構高めのようなので恐ろしいデッキですね。


動画で使用されたデッキのレシピは後日公開されるようです。

またこのデッキを発案された方がすでに改良されたデッキレシピを公開しています。

気になる場合はそちらをご確認ください。

2016年10月のリミットレギュレーションでシンクロダークデッキのハンデスは無理かと思われましたが、このような形で復活していますね。

こういうデッキを考える方の発想は素晴らしいと思います。

以上、2016年10月のリミットレギュレーション対応のシンクロダークデッキの回し方とデッキレシピ情報でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。